忍者ブログ


浜名湖の北、細江町に越してきて一番驚いたこと
それは 風の強さ。

気持ち良く干したシーツはバッサバッサとひるがえり
ちびっこ娘のTシャツハンガーは軽くてひと吹き あえなく着地・・・

思わず本棚の奥から宮崎駿さんの「風の谷のナウシカ」を引っ張り出し
読み返してしまうほど、風のパワーを感じたのでした。

飛ばされた洗濯物をブツブツ拾うわたしを見かねて
今日はオット川村が 物干し竿を針金で細工してくれました。

これできっと大丈夫。  小さな工夫がこんなにうれしい。。。
明日は晴れるといいのになぁ。。。 
PR


冬の間・・・といってもこの家に越してきた2月からなのだけど
部屋の中を暖めてくれたストーブ。
もしかしたら 寒い日が来るかも・・とのびのびになっていたお掃除。

なんとか晴れ間ものぞいた午前中、おもい腰をあげて
部屋の隅に追いやられたストーブに目をやると・・・


その上には小さく乾いたタンポポの花がひとつ。

送り主は  ちびっこ娘。
もしかしたらこの春、いちばんたくさん名前を呼んだ花かもしれないタンポポ。
いつの間に拾ってきたのか・・・

どうやってここにおいたのか  きっと背伸びしてよいしょっとしたんだろうな
想像するだけでうれしくなってしまう。

ちびっこ娘の見つけた小さなかわいいかけらたち
アルバムにでもはさんでおこう。。。



とにかくお外が大好きで、夏を前にまっ黒に日焼けした娘。
今日も燦燦太陽に下 散歩がてら図書館にむかいました。

・・・いつもならいっぱいの駐車場に車はなし・・・
張り紙には「蔵書整理のため臨時休館」・・・

がっくり肩を落として帰宅の途に。
おんなじ太陽なのに帰り道は ジリジリ焼けるよう・・・
帽子を深めにかぶって歩きました。


家についてモジモジしている娘の手の中をのぞいてみると
赤い花がひとつ。フクシアの花。

なんだか がっくりも吹き飛ぶうれしい風。
本人なりにつぶさないように気をつけていたらしく
じっとりと汗ばんだ小さな手手。

冷たいお番茶で小さな花泥棒と乾杯しました。




大好きな枇杷の実をいただきました。
やわらかい黄色のこのコロンとしたかたち、
何ともかわいらしい・・・。    ・・・食べちゃいますけど・・・

小鳥のついばんだあとのあるのが一番甘くておいしいのです。


引っ越して間もない我が家には、まだ枇杷の木がありません。

枇杷が甘い実をつけたように
小鳥が種を運ぶように

わたしもその環にのって種を運んでみたいと思います。


写真は枇杷の実と、毎年漬けている枇杷エキス。

以前暮らした岐阜の古家には大きな大きな枇杷の木がありました。
見渡せばユキノシタもスギナもドクダミも・・・
暮らしに寄り添う薬草は、すぐそばにありました。
まさに庭は薬箱。

あおあおとした草木に包まれた安心感
植物のちからをかりる小さな暮らし
それがわたしたち蒼蒼舎の根っこです。


この時期は実をおいしく頂いて、
冬の大寒のころ、濃い緑の葉をエキスにして常備薬に。
めぐる季節にあわせて
御馳走様ありがとうの日日を。。。
                                                                      みほ



小さな町のお庭やさん、蒼蒼舎の日日のこと
ことことと綴ります。


機械音痴のわたしに、ブログ制作の手ほどきをしてくださったshare-gakiさん。
おいしいランチにしあわせティータイム、
こころからありがとうございます。

色とりどりに暮らしを紡ぐこと・・・
わたしもこころに留めて日日を重ねたいと思います。

たくさんのめぐり合わせに感謝して。
                                         みほ
[1] [2] [3] [4] [5]
.
10 2017/11 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone